EQUALITY

平等

女性の社会進出がまだ一般的ではなかった創業当時、妻のドリスが対等なパートナーとしてビジネスに参画したのは大変画期的なことでした。

創業からおよそ50年、Gap Inc. は個性や自分らしさを大切にし、全ての人に対する平等を支持してきました。独自のアイデアを持つ多様な人材が集まることでクリエイティビティや革新性が生まれ、それが私たちの会社の強みとなります。ギャップジャパンでも、この信念が変わらず継承されています。

さらに、世界有数のアパレルリテーラーとして、公平な社会の構築にむけてより大きな変化をもたらすべく、自社だけでなく社会全体に対しても声をあげ続けています。

ギャップジャパンでは、特に以下の2つの分野に注力しています。 

cotton plant

woman in a meeting

女性活躍の推進

ギャップジャパンでは全体の約70%を女性が占めており、店舗スタッフから本社のシニアリーダーにいたるまであらゆるポジションで女性が活躍しています。この取り組みを推進するために、ギャップジャパンは2025年までに女性管理職、および女性新規採用の割合をそれぞれ50%までに引き上げる、ダイバーシティ目標を掲げています。

この目標達成支援のために、Gapウィメンインリーダーシップ(WIL)と呼ばれる従業員リソースグループを立ち上げ、WILメンバーとそのアライ(支援者)たちが社内で有意義なつながりを築き、互いを力づけ、職場における垣根を取り払うことについて学び、女性が職場で経験する困難や機会について啓発し合う環境を育んで行きます。

woman in a meeting

LGBTコミュニティの支援

ギャップジャパンは日本におけるLGBT支援活動のパイオニアです。東京レインボープライドへの継続的な参加、全従業員に対するアライトレーニングの実施、福利厚生の対象拡大など様々な取り組みを通じて、日本のLGBTコミュニティに力を与えるため精力的な支援を行っています。

WORK WITH PRIDE 2020 ゴールド受賞

2020年、ギャップジャパンは、任意団体work with Prideが策定する企業のLGBTに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標 2019」に応募し、その取り組みが認められ、昨年に引き続き3年連続で最高評価「ゴールド」を受賞しました。

.

WHAT WE'RE MADE OF

 

卓越した人材なしには成功することができません。2025年までのダイバーシティ目標達成にむけたオポチュニティはどこにあるのかを探るためにも、年間の進捗を測定していきます。

全体

全従業員の女性比率

70% Women
70 % Women

管理職

管理職の女性比率

35% Women
35 % Women

新規採用

新規採用の女性比率

59% Women
59 % Women

2021年度末(2021年1月)現在

衣服を折り畳む2人の女性

WORK WITH US

採用情報

ギャップジャパンが展開するブランドでは、全国各地で何千人もの人々が働いており、一人ひとりが個性と情熱、そしてプライドをもって日々の業務に携わっています。

お客様、従業員が満足できる製品を生み出し、私たちが暮らし、働く地域社会に貢献することを何よりも大切にしています。

募集中の求人情報はこちら